あれこれやってスッキリするブログ

スッキリした生活を目指すブログです

あの日、母が車をぶつけた日

去年のGW、実家に帰った時に母が車をぶつけたことを知りました。

幸い物損事故で終わりました。

「人がいなくてよかったね」と話していました。

母はこの事故以来、免許証を返納してしまいました。

お母さん、 どうして事故を起こしたの?


妹は母に聞きます。

「あの日どうして事故を起こしたの?」

「脇見していた?居眠り運転?」



どうやって聞いても母の答えは一つ

「わからない」


事故のことを覚えていないようです。



よほどショックだったのか?

人間はあまりにショックなことがあると一時的に忘れるっていうから。




とにかく、今回は物損事故でよかったということでおさまりました。

幸いにして、母は免許を返納することに対して特に嫌がってはいなかったそうです。

素直に免許を返納しました。



母が事故を起こした日を知っている人がいた


ちょうど地元で、昔の友人と話す機会がありました。

中学校以来の再会です。

懐かしいねと話していました。


その時に母の話が出てきました。


友達がいうには

「昔はシャキッとしていたし、

顔を合わせるとよく話をしていたんだよ。

今はすれ違っても何も話さない。

それどころか、目がトロンとしているよね」



友達から聞いた母の容体もショックでした。



それより、あの事故を起こした日のことを知っていました。

直接みたわけではないけど、周りの人から話を聞いたし

事故を起こした現場をみているそうです。



あの日はちょうど年度始まりで集会所に集まっていたということ。

その集会所にいた時も、周りの人は母の様子が何かおかしいと思っていたそうです。


「帰り大丈夫かな?」と思ってみんなは見送りました。

そうしたら、案の定ガードレールにぶつかりました。

そこで終わるのではなく、その後電柱にぶつかりました。


友達がいうには

「あの時ね、すごい音がしたの。

爆発が起きたかとおもった。

そうしたら下の方でみんなが騒いでいるから私も見に言ったのね。

そしたら車がぐちゃぐちゃになっていて

中の人は大丈夫か?なんて言っていたの

そうしたらお母さんがひょこっと出てきて

中の人は大丈夫だってわかって安心して。


だけど、お母さんは車が動かないって言っていたの

近所の人は

当たり前じゃない!車がこんなに壊れているんだから!って

言ったんだけどなんか通じてなくて


それ以来、なんかおかしいよねってみんなで言っていたの」




妹や父は、この時に車をぶつけたのがよほどショックで

それでボケたと思っていたのですが、

実際はこの時にすでにボケ始めていたんです。






この年の正月に会った時は普通でした。

特に変わったところはありませんでした。


事故を起こしたのがGW前。

GWに会った時は特におかしなところはありませんでした。

「お母さんが物損事故を起こした」とだけ聞きました。

物損でよかったよ

なんてことを話していましたが…




まさかこんなに早くボケると思っていなかったので

周りがびっくりしています。



私も妹も80歳に近くなる年齢だろうと予測していたのですが

こんなに早いと思っていなかったのです。