責任感をなくしてスッキリ

スッキリした生活を目指すブログです

母がおかしくなった形跡が手帳に残っていた!

母を病院まで送り迎えしてぐったりした1日。

妹の家でゆっくり休ませてもらって、私は自宅へかえってきました。


母は「病院に連れてって。じいさんが心配だから」を繰り返す。

あれこれ言ってなだめすかして結局病院には行ってない。



深夜近くになって高速を走って帰りました。

途中のSAで休憩。

そして究極のことに気がつきました。


母の荷物、持ってきちゃったわ…


すごいショック。


妹に連絡したら

「そんな荷物はいらないものばかり。

今度来るときに持ってきてくれたらいい」



あっそ。

宅急便で送り返そうかと思ったけど、そんなことしなくていいらしい。


そして、持ってきてしまったバッグの中をあさってみました。


その中にあった小さな手帳。

これをめくってみました。



2017年1月

この字は母の字です。

何が「休み」なのかはわからないけど

きっちり書いています。

f:id:yorokagura:20180625210403j:plain



2017年2月

ここも母の字です。

おかしなところはありません。

病院の日程も書いてあります。

f:id:yorokagura:20180625210405j:plain




2017年3月

最初はここはスルーしていました。

しかし、後から見返すこととなります。

f:id:yorokagura:20180625210407j:plain



2017年4月

ちょっとおかしな字になってきてます。

フリーダイヤルの数字はもう母の字ではありません。

4月のこの状態の字をみて3月を見ると

やはり3月からおかしくなっています。

f:id:yorokagura:20180625210409j:plain




2017年5月

この月からスケジュールは書いていません。

f:id:yorokagura:20180625210411j:plain




スケジュールというものは、前の月に書くものです。

3月の字がおかしいということは2月からおかしくなっていたのです。



地元の友達の話だと

「4月の寄り合いのとき、すでにおかしな状態だった」という。


だとしたら合点がいく。



実は2月から母はおかしくなり始めていたのでした。

それに気がつかずに過ごしていました。

話が噛み合わない時があっても、それは「年のせい?」だと思っていました。


もともと本人の性格もあるし。


4月に物損事故をした時どうしたんだろう?と思っていました。

父はこのときあたりから、母がおかしいと疑い始めていました。

妹は「うーん?」と思いながらお盆まで過ごしました。

そして9月の迷子事件。


もうこれは決定だわ。


でも私も妹もショックでした。

母はボケるだろうと覚悟していました。

でもそれは80歳を過ぎてからだと思っていたのです。

70代の半ばでボケるとは思いませんでした。


そして、ボケるなら父親だと思っていました。

父はすでに80歳を超えてますから。

その父は頭はしっかりしているけど、体がヨボヨボです。


この2人の体の状態が反対だったらよかったのに。