いっそもっとメルカリ&ミニマリスト

もっとメルカリやってミニマリストになるブログ

片付けられない人ほどリビングを片付けたがる

片付けたいのに片付けられないリビングその理由



片付けられない人ほど

リビングから片付けたがる傾向があります。


他にも

台所、洗面所、玄関、子ども部屋、

クローゼット、押入れ、トイレ、寝室

物置なんていう人もいます。


この中でも一番散らかりやすくてゴチャゴチャで

一番片付けたくて

一番人目について

一番人が集まるところは

リビングです。




だからどうしてもすぐに片付けたい場所です。


しかし!

片付けらない人は

すぐに手を出してはいけません。


今日はそのお話をします。

なぜリビングが散らかる?



旦那の物や子どものものでいっぱい。

みんな自分の部屋からどんどん持ってくる。

しかも持ってくるだけで持ち帰らない。

どんどんあふれてくるんだから。

いい加減にして!!

と、爆発したい場所。


そこがリビング。


一番最初に手を付けたいが、

最初に手を付けてはいけない場所

それがリビング





今回も片付け大好きな部長の言葉が炸裂します。



部長

「なおさんは家の中でどこを片付けたい?」


なお
「やはりリビングですね。

一番モノが多い場所です。

ゴチャゴチャするのもここです。

そして、家にいる時間で比較的長くいるのがリビングですから

ここが散らかっていると私の心も散らかります。」






部長がいうには

片付けられない人はリビングをやりたがると言います。

でも片付けてはいけない場所です。


すべての部屋を一通り片付けてから

やっとリビングを片付けることができるのです。




なぜか?を部長に聞きましょう。









あなたのうちのリビングがゴチャゴチャになる2つの理由


1・ リビングは家族が集う場所。

家の中で一番人が多い場所です。

家族の一人一人があれこれ持ち寄ります。


例えば5人家族なら5人の人間が集まります。

自分の部屋なら自分のものだけ置いておけばいいでしょう。

しかし、リビングには5人分のモノが集まることになります。

持ち寄ったモノはそのまま置きっぱなしになる可能性大です。

すると必然的にモノがあふれかえります。


こんなことありませんか?

・子ども達が学校から帰ってきてカバンや体操服を

そのままリビングに置きっぱなし。

・服を着替えて、靴下を脱いでそのまま。

・漫画を読みっぱなしで置いておく

・旦那さんが帰ってきて雑誌を流し読みしてそのまま…


こうやって書いているだけで、

どれだけのモノがリビングに置き去りにされているでしょう。


それを一人で片付けようなんて無謀もいいところです。


2・リビングは多目的な場所。

一口に家の中と言っても

それぞれの場所にそれぞれの目的があります。

・洗面所
洗顔、歯磨き、身だしなみを整える

・寝室
寝るため


・トイレ
言わずもがな用を足すため

・キッチン
ご飯を作る、調理器具や食べ物を保管する

・お風呂
体を洗う



それぞれ、目的があります。



しかし、リビングは多目的です。

リビングでは何をしていますか?


食事、TVを見る、ゲームをする
子どもが宿題をする
ペットと遊ぶ、昼寝、読書
新聞を読む、ヨガをする
来客スペース

食事をしたら、食器、調味料などが並びます。

宿題をやれば、学校のプリントから教科書からあれこれ出てきます。

ゲームなんてやりだしたらゲームソフトがあちこちに。

昼寝を蔓なら毛布やタオルケットが欲しいですね。

新聞は読んだらそのまま置きっぱなしです。

広告を見てスーパーの情報を仕入れます。

お客様がきたら、リビングに通します。



本当にリビングでは様々なことをしています。





部長
家族一人で片付けようとしても絶対片付かないのがリビング。

家族全員でやらないといけない。

だからと言ってすぐに家族が動くのか?

まず、動かないだろ?

文句言われるのが先だ。

だったらリビングは後回しにしような」


f:id:yorokagura:20170502222014j:plain





部長のまとめ





どうしてもリビングを片付けたいなら、
まず自分のモノだけ引き上げる事。

「リビングはあんた達のモノでいっぱいよ!!」
と言ったら
実は自分のモノがすごく多いという事実。

「お母さんのモノばかりだよ!」
と言われてしまっては説得力も何もない。






次は片付けられない人にとって

ハードルの高い魔の空間・押入れ編です。