責任感をなくしてスッキリ

スッキリした生活を目指すブログです

オトナ女子の賢くて超お買い得な服の買い方

一言で「服」と言っても人によって必要な服の枚数や種類はそれぞれ。



でも、少ない数でたくさん着回せて長持ちできる服が欲しくないですか?

毎年新しい服を買うのもいいけど、面倒…

いつも同じ服ばかり買ってませんか?

なんだか悩みはつきません。



私は友達に教えてもらった超お得な服の買い方を実践してから、服を買う回数がグッと減りました。

今では1年に3回買うだけです。

フラッとお店に寄ることもなくなりました。

そのおかげで、買う予定のなかった服を買うということがすっかりなくなりました。

どれだけ誘惑に弱かったことか…




今日は友達に教えてもらったオトナ女子のための超お得な服の買い方をお伝えします。

オトナ女子は質のいい服を買って、長く着ること!

f:id:yorokagura:20190205215840j:plain


友達の口癖は「大人は質のいい服を買って長く着る。これが一番安上がり」

実際に彼女は1枚のセーターやコートを10年着ています。

どうして質のいい服を着ると安上がりなのか?


その理由が下の3つです。

  • 質のいいものはどれだけ着てもヨレヨレになりにくい。
  • だから次の年もその次の年も着ることができる。
  • 流行の形を追わなければ何年でも着ることができる。


もし5万円のコートを買ったとする。

そのコートを10年着たら1年あたり5000円の計算。

2・3万円のコートを3年ペースで買い換えるよりずっと安上がりになる。

というのが友達の持論です。



先日会った時に着ていたコートは「これ、5年以上前に買ったものだよ」と言っていました。

とてもキレイで5年以上着ているとはとても思えませんでした。



オトナ女子は 質がよく、ベーシックな服を最初に買うべし


他にもすごく感心して、私が実践している方法がもう一つあります。

流行にとらわれないベーシックなものこそ、いいものを買っておくこと。

すると来年以降はそのベーシックなものを買わずに、他の服を買うことができるというのです。


具体的にいうと

  • 今年は黒のセーターを買う
  • 黒のセーターは質がいいため、しばらくは買わなくてもすむ
  • すると次の年は黒以外のセーターを買えばいい


これには本当に感心しました。

私が最初に買ったのは黒の薄手のセーターです。

次の時はちょっと厚めのグレーのセーターを買いました。

次の時は超厚手の白のセーターです。


この方法ですでに「黒」「グレー」「白」のセーターを持っているため、今年からセーターを買うのをやめました。


アウトレットのセールを狙って買いに行けば良いものがお買い得

f:id:yorokagura:20190205215902j:plain

質のいい服というとお値段もそれなり…とても手が出せないものもあります。

そんな時に使うのがアウトレット。

アウトレットを嫌がる人もいますが、気にならない人ならいい服を安く買えるためオススメ。

しかも、アウトレットのバーゲンを狙って行くのです。

それならさらにお買い得です。

なかなかサイズがなかったり、欲しい色がなかったりするのは覚悟の上。

なかったら買わなければいいだけのことです。


ファミリーセールも超お買い得

ところが、そのアウトレットにお気に入りのお店が撤退してしまって困り果てていました。

「どこで服買おう?」と悩んでいました。



最近、また友達のツテでファミリーセールに行けることとなりました。

今はそのファミリーセールを狙って服を買いに行きます。

このファミリーセールも季節に1回だけです。

あらかじめ「これを買う」と決めてから行けるところがお気に入りです。


オトナ女子は質の良いものを着ていないと老けて見える

f:id:yorokagura:20190205215927j:plain

年齢がある程度いくと、それなりに質のいいものを着ていないと老けて見えます。

それどころか貧乏くさくみえてしまいます。


見た目でものすごく損をしてしまいます。




若い時と同じ服選びをしていると、それがどんどん顔と服のギャップがかけ離れてしまいます。

質の悪い服を3枚買うなら、質のいい服1枚を買うのがオトナ女子の服の買い方なのです。


若い子は古着ファッション・歳をとるとただの貧乏くさい人


10代20代の若者がボロボロの服を着ていても、それは古着ファッションです。

しかし、年をとった人がボロボロの服を着ていると、それはただの貧乏くさい人になってしまいます。

「新しいの、買ったら?」と言われそうです。

若い時と同じ感覚で服を買うのは早めにやめましょう。



中には古着ファッションをしていてもかっこいい人もいます。

しかし、そんな人は少数派。

オシャレに自信がない人は避けたほうが無難。


オシャレに自信がないのならなおさら、ベーシックで質のいい服を着ているのが楽なんです。

ゆっくりとクローゼットの中身を入れ替えて行きましょうね!




あくまで、こういう考え方もあるということです。

賛同するかしないかは自分次第。

私はたまたまこの考え方にピンと来たから、真似しています。

服の考え方は人それぞれですので、好きな方法を選んで服を買えばいいと思います。