読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

ミステリーの醍醐味は電話と手紙。しかし他の描写に目がくらんでしまった。

この小説は短編小説がまとめられている。

 

時代を表すように手紙と電話が主流。

 

今のように携帯電話もなければメールもない。

 

パソコンを使って簡単に調べる事もできない。

 

今の時代に作られたらもっと違う展開になっているだろう。

 

 

 

今邑彩さん「盗まれて」

 

 

盗まれて

 

 

昔出そうとして出す事が出来なかった手紙。

 

年月がたち、紙が黄ばんでいる。

 

そんな手紙を受け取ったら...

 

いたずらと思われるだろうか?

 

何故今ごろ?と思うだろうか?

 

その手紙が届いて話が始まる。

 

函館の倉庫群

 

 

 

 

話の舞台は函館市

 

行った事がないため五稜郭のイメージしかなかった。

 

それがこの小説で異国情緒のある街として紹介されている。

 

主人公は元町を抜けて入舟町・船見町と歩いて行く。

 

この辺りは時の流れに取り残されたような町並みを残してる。

 

観光地である元町と違った異国情緒。

 

ああ、行きたくなってきた。

 

しかし、この小説が書かれたのは約20年前。

 

今はどのような町並みになっている事か...

 

google earthで見てみたけれど、多少は情緒は残っているようだが...

 

 

 

函館の街灯

 

 

 

 

時が止まったような

 

そこだけ時の流れが違うような

 

そんな場所に行ってみたくなる。