責任感をなくしてスッキリ

スッキリした生活を目指すブログです

実家の片付けのコツは少しずつやること【両親の家の片付け方】

実家の片付けのコツは、一気にやるのではなく少しずつやっていくこと。

一気に片付けたい気持ちはわかります。

しかし、それはどこかで禍根を残します、親も子も。

 

イライラする気持ちをおさえて

体力を温存しながら

親と話し合いながら

実家の片付けをすることをおすすめします。

 

今回は誰もが悩む「両親の家の片付け方」を教えてくれる本を紹介します。

 

 

いつかは考えなければならない・実家の片付け

f:id:yorokagura:20181217213606j:plain

 

 いつかは、どんな形であれ

親の家を片付けなければならない時が来ます。

 

親だっていつまで生きてる訳ではありません。

生きてても入退院を繰り返したり、施設に入ることだってありえます。

考えたくないけど、いつかそんな日はやってくるのです。

 

 

 両親の家を片付ける前にぜひ読んでおきたい本があります。

 

とても参考になった本がこちら。

 

古堅順子さんの「両親の家の片付け方」

実家の片付けに悩んでいる人は、片付けを始める前に読んでおくといいですよ。

無用なトラブルを避けることができます。   

 

どうやって実家を片付けするのか? 

 

実家を片付けよう!

そう決心するのはいいけれど

 

どこから手をつけよう?

どうやって片付けよう?

 

そう悩んで手が止まっていませんか?

 

そこで読んでおきたいの古堅純子さんの「両親の家の片付け方」です。

 

by カエレバ

 

実家の片付けは勢いだけではできない・戦略が必要

 

f:id:yorokagura:20181217213635j:plain

 

実家を片付けるのって勢いだけじゃダメなんです。

戦略が必要なんです。

 

片付けに戦略?って思いますよね?

 

 

実家とは

 

長年、そこで暮らしてきた場所。

親はものが捨てられない世代。

収納が充実しているからモノがたくさん入っている。

 

闇雲にやっても疲れるだけなんです。

 

 

 

「両親の家の片付け方」では親の家を片付けるやり方と実際にあったケースで紹介されています。

 

さらっとした書き方ではありますが、

現場で片付けるときはとても大変だったろうと思います。

 

何しろ自分のモノは片付けられないけど

親のモノなら簡単に片付けられる。

しかし、そこで喧嘩が勃発してしまいます。

 

だから生きてる親に「今すぐ片付けろ!」というのはダメ。

 

 

自分たちだって親の言うことを聞かずに育ってきたのです。

 

親だって子どもの言うことなんて聞くわけない。

 

 

 

 

耳が痛いですね〜

 

私は親の家を見るたびに上記のことをつぶやいて

 あれこれ言いたくなる気持ちを抑えています。

 

 

実家の片付け方・5つのケース

f:id:yorokagura:20181217213740j:plain

 

親と喧嘩しないでどうやって実家を片付けていくのか?

 ここでは5つのケースで紹介されています。

 

 1・親自らが率先して片付け

一番いいケースです。

親が率先して片付けてくれるなら、こちらも協力体制を惜しまないことです。

力仕事など引き受けると喜んでくれそうです。

 

ポイント・体力が必要なため、元気な60代から取り組む。

 

 

2・親と共に片付け

こちらもいいケースです。

協力して片付けできるのならどんどん片付けしましょう。

ただし、こちらの意見は押し付けないことです。

 

ポイント・親と協力して片付けするときはポジティブな動機が必要。

 

 

3・介護施設入居に伴う片付け

こういう現実も十分ありえます。

こうなってしまうと本当に必要なモノだけしか残せません。

 

施設に入ってしまったら何が必要で不要なものなのかわからなくなりそうです。

施設に入っても外出することはできるので、時々は実家に帰ってきて親に判断してもらうのが良さそうです。

 

ポイント・モノは「使う」「使わない」で判断して所有量を決める。

 

 

4・実家の荷物を子供が片付け

親が動かないなら子供が動く。

こういうパターン、多いかと思います。

これ、親の顔色うかがいながらやることになるので面倒です…

 

ポイント・すぐ判断できるものから片付けるのが効果的。

 

 

5・有料サービスに依頼して片付け

どうしても手に終えない時はプロに頼みましょう。

家族数人でやるのには限界があります。

大変なところは要領よくやってくれるプロに頼むのがオススメ!

 

例えばECOクリーン という会社は出張見積もりしてくれます。

今の時代、出張見積もりをしてくれるところはたくさんあります。

どんどん使っていきましょう。

 

ポイント・一人で抱え込まず、上手に人に頼って無理のない片付け方をする。

 


実家の片付けで大事なことは親との会話

f:id:yorokagura:20181217213713j:plain

 

全ての片付け方に共通するのは

 

親ととことん話し合うこと。

 

「これは捨ててもいい」「これは親戚にあげる」などの判断を先に聞いておくこと。

 

結局何が困るかというと、「捨てていいのか悪いのか?」

 

第3者から見るとゴミにしか見えないモノでも親から見たら大事な宝物。

思い出のつまった物かもしれません。

 

そういった判断がつかないから片付けが一向に進まない。

一朝一夕にはいかないから、少しずつ親と話し合っていきましょう。

 

 

  

 

 

私の実家も旦那の実家も物が多い。

「なんとかしたい」と思っても、そこは両親の家。

いくら子供だからと言って、あれこれ口を出すわけにはいかない。

 

あれこれ言う前に、どうやって片付けようか?戦略を練りましょう。

 

 

 

by カエレバ

 

 

ただいま実家を片付け中

そのレポートをご覧ください。

 

 

miniminimini.hatenablog.com