読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

女性の狂気を見事に書いている作品

読んだ本

人間誰しも狂気は持っていると思う。

 

ただそれが表にどう現れるか?だけ。

 

普段は顔を出さないが、ふとしたことで顔を出す。

 

それが狂気。

 

 

 

女は誰でもそんな一面を持っている。

 

それを教えてくれるのが唯川恵だと思う。

 

 

テティスの逆鱗

 

 

久しぶりに唯川さんの作品を読んだ。

 

一時期はものすごくはまって、ほとんどの作品を買い集めて読んだ。

 

今では本当に気に入った作品2冊だけ残して、あとは全て売ってしまった。

 

 

 

この人の作品に出てくる女性は身近な存在。

 

そんな人たちの裏の顔が作品に広がる。

 

それは決して華やかな世界ではない。

 

どちらかといえばドロドロした世界。

 

 

表向きはキャリアウーマンだったり主婦であったりお母さんだったり。

 

しかし内面には人に言えないようなドロドロを抱えている。

 

抱えているだけならいい。

 

そのドロドロが暴れるのだ。

 

牙を向けて襲ってくる。

 

 

誰がこんなこと想像できるだろう?

 

いや、誰も想像したくないだけ。

 

本当は自分の中にそういうドロドロな自分がいるから。

 

本当は知っている。

 

そんな自分も自分の中に取り込まれていて

 

たまたま大人しくしているだけ。

 

相手は暴れる機会を探している。

 

私を監視している。

 

 

唯川さんの作品を読むたびに、そう思うのだ。

 

 

そしてその作品から離れられない