読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

友達のメルカリの売り上げ金額を聞いて凹む

初めてのメルカリとラクマ

友達の間でもメルカリが流行っています。

先月まで「メルカリってどうなの?」なんて言っていた子が

「売れたよー」なんて言っている毎日です。

今日もそんな報告がありました。



先月、「メルカリやってるけどまだ1件しか売れてない」って言っていた子が

あれから1ヶ月経っていないというのに

「3万円売れた!」と言っていました。



私は8月から始めてようやく3万に届きそうだというのに…

あっという間に先を越されました。


正直言って、羨ましいです。


f:id:yorokagura:20160902213511j:plain



そもそもメルカリを始めたきっかけは?


でも、ここでもう1回考えます。

私の目標は

「年内にメルカリとラクマでの取引数、合計100」です。

金額よりも取引数に重点を置きました。




まず、私はブランドの服やバッグを持っていません。

衣類は大抵、着倒しています。

(これは断捨離するようになってからですが…)

だから高額になるものがないんです。

それこそ、数百円の利益をコツコツ積み上げるしかありません。

それで金額を目標にしてしまうと売り上げが少ないと

心がささくれてしまいます。

感謝の気持ちがなくなります。

「メルカリなんてやっても儲からない!」

そう言ってしまいそうです。

だから年内取引金額よりも取引人数を目標にしました。



メルカリで300円で売れたとしても

10%の手数料がかかるため270円になります。

そこからまた送料がかかります。

メルカリ便は最低195円かかります。

すると実際の利益は75円です。

いろいろ労力をかけているのに割に合いません。



そうすると今度はおかしな方向へ走る始めるようになります。

「もっと高額なものを売ろう」とか

「こんな安いもの売っても意味がない」とか

感謝の気持ちが一切なくなりそうです。



お客様は「いらない」と思ったものを

わざわざお金を出して購入してくれているわけです。

ここを忘れてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。


これではダメだ。


大きな額を売ってる友達は羨ましいけど

取引人数を合計100まで行かせるために

もっと市場の勉強をします。


メルカリをやっているのは商売を学ぶためでもあるし、

何よりも

私はいつも中途半端で終わって、

やった気になったり

またダメだったと落ち込んだりを繰り返している。

そんな自分を鍛えるためのメルカリです。

泣き言も恨み言もあるけど

まずは100人と取引してみる。

そこは「損して得取れ」の気持ちで行く。

安くてもいい。

誰が何をどう求めているのか?を調べるために

ちゃんと体得できるようにやっているのがメルカリ。

友達が羨ましすぎるけど

そんなこと言ってる暇があったら出品する。

目の前の、今購入してくれているお客様に全力を注ぐ気持ちを持つ。

ああ、そういったことの繰り返しかもしれない。


私にとってメルカリはたるんだ根性を叩き直す場でもあります。




f:id:yorokagura:20160716193249j:plain




ところで



なぜメルカリ便を使うかというと

・宛名を書かなくてもいい

・3000円までの保証が付いている

・匿名配送ができる

この3点です。


クリックポストがあるじゃないか!


ここでクリックポストを利用したらいいのでしょうが

こちらには保証は何も付いていません。

しかも我が家のプリンターが壊れていて

しかも買う予定も未定なため

クリックポストを利用できません。

クリックポストは送料164円ですので30円の差があり

使う人が多くいるわけですが…

この30円を取り戻すためにメルカリでどれだけ売らないといけないのか?

そう考えたらわざわざプリンターを買う必要はありません。



確定申告の時期になったらつかうかも…

やっぱりその時期に考えよう。