責任感をなくしてスッキリ

スッキリした生活を目指すブログです

【初めてのソーシャルレンディング】単純に銀行預金と比較するのはNG

ソーシャルレンディングを始めて、日々投資する案件はないか?とmaneoをチェックしています。


銀行の定期に入れていても利息はほとんど付きません。だから他に何かないか?と探し回っているのです。

でもね、単純に銀行の定期とソーシャルレンディングを比べていいものでしょうか?

銀行の定期にもメリットはあります。


過去に投資話に騙されてお金を失ったことがあります。

その時も「銀行に入れておいても利息なんてつかないから」と言って、目先の利率に踊らされ、何十万と損したことがあります。

その時に思ったこと。

「このお金、銀行に入れておいたほうがよかった」

あの時は騙されたバカな自分がいました。



そこで、今回はソーシャルレンディングを始める前にそれぞれのメリットデメリットをしっかり考えて欲しいのです。


銀行預金と何が違うのか?

ソーシャルレンディングのデメリット

銀行預金のメリット

それらをしっかり比較したいと思います。


銀行預金は元本保証。ソーシャルレンディングは元本保証なし

f:id:yorokagura:20181206201228j:plain


一番の違いは元本保証があるかないか!です。

銀行は100万預けておけば、いつ下ろしても100万です。

今日100万預けておけば、明日下ろしても5年後に下ろしても100万です。

100万が50万になることはありません。



当たり前ですね。



この当たり前の話を投資話になるとコロッと忘れる人が圧倒的なんです。

(かつての私もそうでした。)


100万は100万のままで残っているのですよ!銀行預金の場合は。


銀行預金は貯金。ソーシャルレンディングは融資


銀行預金は私たちから見たら貯金です。(*銀行の目線で言えば預金と貯金は違います)

100万預けたら100万返ってきます。

当たり前ですよね。


しかし、ソーシャルレンディングは投資です。

100万が100万で返ってこないことがあります。

100万が150万になって返ってくるなら万々歳ですが、その逆もあります。

100万が50万になればいい方で0になることもあります。


いっときの利率に惑わされて100万つぎ込んだ…

銀行に貯金しておけば100万は100万のままなんです。



そう考えたら銀行預金の元本保証は素晴らしいのです。


銀行預金なら満期前でもおろせる。ソーシャルレンディングは満期までおろせない

f:id:yorokagura:20181206201234j:plain


生活していると突然お金が必要になることがありますね。

そんな時、銀行預金はすぐにお金がおろせます。

窓口の人との攻防戦はあるかもしれませんが、通帳と印鑑を持っていけばお金は用意できます。


しかし、ソーシャルレンディングは一旦預けてしまうと満期の日まで下ろすことができません。

だから余裕資金でやることが大事。

利率がいいからとお金をつぎ込みすぎて、いざという時お金がおろせないとなるとまさに「絵に描いた餅」状態。

そうならないために、バランスよくお金を振り分けましょう。




銀行預金は税金の申告は不要。ソーシャルレンディングは税金の申告が必要


銀行預金にしておけば、多少なりとも利息が付いてきます。

その利息には税金がかかっています。

この税金は勝手に計算してくれていますので、確定申告は不要です。



ソーシャルレンディングの場合、その年の受けた利息が20万を超えたら確定申告が必要です。

それはなぜか?

ソーシャルレンディングも利息から税金が惹かれていますが、これはあくまで国税分のみです。

年間20万を超える利息を受け取った場合、地方税を収めるために確定申告が必要です。



めんどくさいですね。

だからこの確定申告が面倒な人は、年間の利息を20万超えないように管理する必要があります。




そもそも 銀行預金とソーシャルレンディングを比べることが間違い

f:id:yorokagura:20181206201238j:plain

このように銀行預金とソーシャルレンディングは全然違う商品です。

別物です。


単純に利率だけで比べるものではありません。


銀行の定期と比べるならJAや郵便局の定期と比べること


では何と比べたらいいのか?

銀行預金と比べるなら信用金庫・JA・郵便局など、同じように元本保証であり、すぐにおろせるものと比べること。

同じ土俵のものと比べましょう。



関取とサッカー選手、どっちが強い?と言っているようなものです。


関取は関取同士。

サッカー選手はサッカー選手と比べるべきなのです。



投資話に乗ってお金を無くした話

f:id:yorokagura:20181206201235j:plain


昔、騙された時に言われました。

「今、銀行に入れておいても利息はつかないでしょ。

でも、これに入れておけば○%になるんだよ」



わずかな利息に辟易していたので、わざわざお金を下ろして投資しました。

騙されているなんて思いもしないで。


その結果、お金は返ってきませんでした。1円たりとも。


本当にあの頃の自分を殴ってやりたい気持ちです。

あの時銀行でお金を下ろさなければ、通帳にはお金があったのです。

増えていることはなくても減っていることはなかったんです。





その時の痛みは忘れません。

それ以来、単純に銀行定期の利率と比べることはしなくなりました。


今回のソーシャルレンディングも同様です。


ソーシャルレンディングの利率は銀行定期に比べるととてもいいものです。

ですがソーシャルレンディングのデメリットもあります。

そこをよく考えた上で、ソーシャルレンディングを始めました。




ソーシャルレンディングを始めようと思った方、

単純に銀行の定期よりいいから🎶と、単純に決めないようにしてくださいね。


不安だったら、こちらの書籍を読むことをオススメします。



by カエレバ