責任感をなくしてスッキリ

スッキリした生活を目指すブログです

だから断捨離が続かない。失敗する。そのパターン。

人に譲るならイベントを利用するとすんなりできる

捨てるのが苦手な人がいる。 というより、断捨離初期は捨てる事にとても抵抗があると思う。 今まで溜めに溜め込んできたのだから 今更それらを捨てろと言われるのは拷問に近い。 捨てたくない。 捨てるのは勿体ない。 だけど家中のモノは減らしたい。 この矛…

自分が出来ていないから、人に口出ししたくなる

「私は片付けてるのに家族が片付けない」 「こんなにやってるのに子ども部屋が酷い!」

カゴが空いたら捨てろ!

あれこれ捨てていると、どんどんモノを入れていたカゴや箱が出てくる。 「あ!カゴが空いた。 これに何入れよう?」 なんて思う事、数々ある。 このカゴには、こんなふうにおしゃれなものをいれよう。 なんて妄想することもある。 やめよう。 そんな妄想は.…

重曹マジックにかからない

シンプルライフを実践している方のブログを読んでいると 洗剤から、重曹・クエン酸・セスキソーダ等に切り替えている方が多い。 これでたくさんの洗剤を管理しなくてすむし、 単品で家中を掃除できる。

人の家のゴミなんて見ていない

断捨離を始めるとゴミがどんどん出てくる時がある。 それも大きなゴミ袋をいくつもいくつも。 それをだす時の爽快感といったら...

家族が手伝ってくれた時に、やってはいけないこと

私一人だけ「断捨離」に意欲を燃やしているけど 家族は冷めた目で見ている。 これは断捨離初期にはよくある話。

断捨離初期はとくに気をつけたいこと・家族は巻き込むな

よく耳にするのが 「私がこんなにがんばってるのに家族が協力してくれない!」 「どうやったら家族を巻き込めるだろう?」 その方法は... 叩かれるのを覚悟で言おう。 家族を巻き込む事は考えるな! これに尽きると思う。 自分は「断捨離」「こんまりさん…

思い出は捨てなくてもいい、とことん取っておけ

思い出のものが捨てられない。 わかるわかる。 絶対使うわけないのに捨てる事ってできない。 見てるだけであの頃が蘇る。 見ていたってあの頃が戻ってくる訳ではないけれど ノスタルジーに浸っていたい時もあるのよ。

収納は敵!と思え

こうやって収納するとこんなに入る! 綺麗な収納術 などと、雑誌等で私たちを誘惑する。 いけない。 惑わされては。 どれだけ収納の本を読んだのだろう? どれだけカリスマ片付け師の収納の仕方をみて憧れただろう?

リサイクルするのは当分先のことだ

今まで色々断捨離してきた。 友達の家も断捨離している。 そのなかで「断捨離ができなくなる」 「片付けが嫌になる」などの パターンがいくつかあるのではないか?と思うようになった。 そのパターンを書いていく。