あれこれやってスッキリするブログ

スッキリした生活を目指すブログです

父親が免許を返すタイミングがなくなってしまったのが痛い

母がボケなければ…


本来の予定では父は免許を返納する予定でした。

父親の免許の更新時期が迫っていました。



父は80過ぎのじいさんです。

事故を起こす前に免許を返してしまおう。

今年でちょうど免許の更新。

その更新時がちょうどいい時期でもあるから

免許を返納する。

そして病院には母の運転する車に乗せて行ってもらう

その予定でいました。



実際、この時期も母の運転する車で病院に通っていました。



そんな矢先に母の物損事故。


まさかボケた?


父はこの事故の時からボケを疑い始めていたそうです。



妹もまさかねと思っていました。


・時々話が通じないことがある

それは年配の人にたまにある。

もともと人の話を聞いてないところがあるし


・夏に差し入れしてくれた食べ物が腐っていた

夏だったから仕方ないか?


このような前兆があったらしい。

だけど、これらの症状でボケたとはとても思えない。


今にして思えばそれが前兆だったかもしれないが、

絶対そうとは言い切れない。



振り返ってみて初めて「あ!あれがそうだったのか」と気がつくようなもの。



ボケてしまった人に車の運転はさせられない。

だから父は体調が悪くても自分が頑張らないと!ということで

自分で車を運転して病院へ通っています。




免許の更新も認知症のテストが通ってしまいました。


もしここで認知症のテストが通らなかったら…

そうしたら両親は妹と同居するか

妹夫婦の近くにアパートを借りて住んでいたかもしれません。


正直、認知症のテストは通って欲しくなかった…


家族のいうことなんて一切耳を貸さない父親です。

意固地になって車を運転します。


危ないから本当にやめてほしい。


それには私や妹が仕事をやめて介護することになるのか。

介護離職も考えないといけない。

というか、退職しようと思うと上司を含め4人に相談しました。


そしたら4人に「介護休暇もあるからもう少し考えろ」と言われました。

そのため今は様子見です。