メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

メルカリ・写真のバックは「白」か「黒」にして商品を目立たせる

実家に帰ってメルカリ出品できそうなものを

いっぱいGETしてきたメルカリストなおです。



先ほど順番に出品していましたら

早速売れたものがありました。


嬉しいですね〜。


今回もメルカリの写真撮影についてお話します。

「メルカリは商品の写真が命!」です。


その商品を撮影するときに

背景に気をつけていますか?


せっかく撮るのですから

キレイに撮りたいですよね。


今回は、商品を際立たせるために

写真撮影で工夫していることをご紹介します。


「目次」




白い商品はバックを黒く、黒い商品はバックを白く


これは教えてもらってから

ほとんどの商品はこうして撮っています。


・白い商品ならバックは黒くする

・黒い商品ならバックは白くする


これをするだけで、商品がパッとします。


具体的に写真を見ていきましょう。




白さだけでなく、色の鮮やかさも出てますね。

f:id:yorokagura:20170811150031j:plain



完全な真っ白じゃなくてもいいんですよ。

これは薄いクリーム色です。

どちらにしても「草履」を引き立ててます。

f:id:yorokagura:20170811150058j:plain



うっかりやってしまった失敗例。

こちらは人気商品だったからすぐに売れましたが

そうでない商品だった場合

売れ残る可能性は非常に高くなります。


f:id:yorokagura:20170811150117j:plain



少しでも誰かの目に止まって

「あ!これ」と思ってもらうために、

ちょっとの工夫ですごく変わります。


ぜひ、トライしてください。



写真のバックを白か黒かで迷う時


商品自体がはっきりと「白」「黒」と分かれていたら

写真撮影のバックの色はすぐ決まります。


迷うのは「白」でも「黒」でもない場合。


バックをどちらにするか

本当に迷います。


そんな時の対処方法は



バックを白と黒、両方で撮る



これに尽きます。



だってね、頭で悩んでいたって

どっちがいいのか?なんてわからないのですよ。


そうしたら両方の写真を撮ればいいんです。

そして

白がいいか?黒がいいか?

後から決めたらいいんです。



では、また実際の写真を見てみましょう。

3つの例を出します。




「 パンフレット」は白か?黒か?


パンフレットは悩みました。

肉眼で見ている時は断然「白!」と思っていました。


だけど、メルカリをやっている人は

商品を肉眼で見ているのではありません。

スマホ越しに商品を見ているのです。


だから「スマホから見るとどっちがいいだろう?」と思って

写真を撮りました。



f:id:yorokagura:20170807215740j:plain

f:id:yorokagura:20170807215742j:plain



白いバックもいいけど

やっぱり黒いバックの方がかっこよかったので

黒にしました。



「 お茶」は白か黒か?

このお茶は悩みましたよ。

これは箱が立派だったので箱を際立たせたいと

思ったほどでした。



f:id:yorokagura:20170807215922j:plain

f:id:yorokagura:20170807215932j:plain



でも大事なのは「中身のお茶」

バックを黒にすると箱が目立たなくなりますが

その分お茶がキラーン✨としてますね。

徳川家の葵の紋が光って見えます。

ですので、バックは黒にしました。




スティッチは白か黒か?

スティッチはちょっと大きめだったということもあり、

黒い布に入りきりませんでした。

そのため床に直置きして撮っています。



f:id:yorokagura:20170811150150j:plain

f:id:yorokagura:20170811150153j:plain




どっちも可愛いですね〜

悩んで悩んで

バックが白の写真を選びました。


たまたまだったのですが、

この商品を出している時期、

ライバルたちの出品写真が床に直置きが多かったのです。


それならと

差別化をはかるべく

バックが白の写真を選びました。



バックが「白」でも「黒」でも大事なのは商品の中身

いかがだったでしょうか?

同じ商品でも

バックが「白」なのか?「黒」なのか?で

全然違って見えますね。



どっちがよく見えるのか?なんてことは

撮ってみないとわかりませんし、

スマホを通すと全然違って見えるものです。


まずはバックを「白」と「黒」

両方で撮ってみてくださいね。


そこから、あなたがその商品のイメージとして

何を「売り」にしたいか?を考えてください。



「かっこよさ」

「可愛さ」

「使いやすさ」

「豪華さ」

「ブランド」

いろいろな売りがあります。


その中で

今回の商品の「売り」はどれなのか?

イメージに近いのはどちらか?

そう考えてから

「白」か「黒」の写真を使えばいいのです。



ちなみに私が使っているバックを白にする素材は

「イオンの買い物袋」

「カレンダーの裏」

「バスタオル」などを使っています。



バックを黒にする素材は普通の黒い布を使っています。


濃い色ならなんでもいいという時は

風呂敷を使うこともあります。

濃い紫、濃い緑がいい味を出すこともあるんです。



身近にあるものはとにかくどんどん使ってみましょう。



あなたのメルカリライフが楽しいものとなりますように









さらに太陽光のしただと綺麗に撮れます。


miniminimini.hatenablog.com