メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

本を読むなら、たくさん読むのか?1冊の本をとことん読むか?

昨年、1年間に200冊本を読む!と目標を立てたところ、

難なくクリアして

今では1週間に10冊の本を読むようになりました。




読めるようになるもんですね。





とことん冊数にこだわった1年


去年は1年に200冊読むという

目標を持っていました。

周りにもその目標を宣言して

難なくクリアしました。


今年は「何冊読む」と言う括りをを取っ払いまして

好きなように読んでいます。




その方が本を読む冊数が増えました。



たくさんの冊数を読む週。

とにかく図書館で目についた本を

かたっぱしから借りて読む時があります。


借りただけで読まない本もあります。

そんな時は

「読まなかった!」と割り切って

さっさと返します。


そして新しい本を借りるのです。


司書さんには

「たくさん読んでるなー」と思われてるかもしれませんが、

実際全く読まなかった本もあります。




一人の著者の本を次から次へと読む週。

その著者に惚れることがあります。


一人の著者ばかり読んでいると

その人の文章の癖に慣れてきます。

そのため、読むスピードはだんだん早くなります。


また他の本でも同じようなことを書いているため、

理解も早くなるんです。





1冊の本を繰り返し読む週があります。


とことん読みたい1冊に出会えると

それはそれは運命の人に出会えたような気持ちになります。


読んでも読んでも吸収しきれません。


f:id:yorokagura:20160723230322j:plain



無料で漫画を読む


漫画も大好きなのでどんどん読んでいます。

漫画アプリのおかげで

1巻無料の漫画も読むようになりました。


BookliveとRentaで週末に

1巻無料の本をどんどん読んでいます。


少女漫画がこんなに読めるなんて

高校時代の私に教えたいくらいです。




kindleと言う素晴らしいアプリ


kindle は本当にいいアプリですね。

開かない日はないくらいです。


これで隙間時間に読むことができるようになりました。

kindleUnlimited で週末にまとめてDLして

平日にゆっくり読むというパターンができてきました。



kindleUnlimited で読むと、

どうしても読みたい本に限って

読み放題のタイトルではなくてイライラすることもあります。



買えばいいのですけど。



読書好きにとってアプリは必需品

本屋さんも好きですが

やはりアプリはとことん本が読める最強ツールです。


本はkindle

漫画はBooklive

この2つのアプリで


読書人生、楽しんでいます。