メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

【片付けられない人の必殺技!】DMは空中戦で挑んでさっさと捨てる

片付けられない人はDMを空中戦で捨てると楽になる

DM・チラシはさっさと捨てる

断捨離歴6年のメルカリストなおです。

今日も部長の片付けられない人のパターンを聞きました。





あーDMばっかりウザイわっ!
大事な手紙が見つけにくいだろ


なお:
「ああーそうですね。

DMってどんどん送られてきて

どんどんたまるんですよねー。

だからさっさと捨てます。」


部長:
「おお!なおさんもさっさと捨てるか。

嬉しいねえ。


家に帰るとさあ、

そりゃDMの山でね。

あっちこっちのDMの山ができてるの。

あの山の中から大事な手紙を探すのって

すごいストレスなの。


片づけられない人はDMすらも

片付けられないし

捨てられない。


だけど、そういう人こそ

DMから断捨離を始めるといいんだよ





なお:

「おお!DMからですか。」




f:id:yorokagura:20161210144722j:plain



DMから始める断捨離とは?




「DMはポストから取り出して5分が勝負だ!!

この5分が勝敗を決める。


これが部長の持論だそうです。




「まずポストから全部出す。

チラシ、DM、大事な手紙と3種類にわけるんだよ。

バカにしただろ?今?


だけどな、ボーーッとして取るか?

分けながら取るかで次の勝負が決まる




部屋に入ったら

チラシは即ゴミ箱行きだ。


DMは立ったままで開ける。

欲しい情報が載っていたら取っておくけど

なかったらそのままゴミ箱行き。

まあ、9割のものがいらないものなんだけどね。


大事な手紙もそこで開けて見ること。

後で見ようと思ってても

まず見ないからね。


そして大事な手紙だと思っていたら

そうでないこともあるから

個人情報だけ切り取って

さっさとゴミ箱へ入れる。


これだけでDMが積み上がることはないんだよ。

快適だぞ〜」




つまり、帰ってきたらすぐにDMを開ける。

座りこんでしまうとできなくなるから、立ったままやる。

間違ってもDMをテーブルに置かない。




これを断捨離界では、このように言います。


DMは空中戦で挑め


どこかの断捨離のスペシャリストさんか

ブロガーさんも言っていました。





f:id:yorokagura:20170610223633j:plain



片付けられない人はDMがたまる


片付けられない人は

ポストに入っているチラシもDMも

ただ抜き取って

ただ部屋に持ち込みます。


「あとで見よう」と思い食事をします。

家事の合間にとりあえずは開けます。


開けてチラッと見て、また元の位置に戻します。


ひたすらそれを繰り返します。


そしていつの間にかDMの山が作られているのです。









どこから片付けよう?と悩んだらDMから始めろ


部長は言います。



「片付けられないって言ってる人たちは

どこから片付けたらいいのか?

どうしたらいいのか?って悩むだろ?


人それぞれだし、

家庭環境もあるから一概には言えないけど

DMで断捨離の練習をするといい。


ポストの中に入る量なんてしれてるだろ。

そのポストの中から

チラシ・DM・手紙と

3種類に分ける。


たったこれだけのことなんだけど

たったこれだけのことができないから

DMが山のようにたまるんだ。


たったこれだけのことをやるだけで

鈍っている判断力を磨き上げる練習になるんだ。



片付けられない人が片付けたくてたまらないモノの中に

書類があるんだよ。


その書類もDMに埋もれているなんてこともよくある。


それならDMだけでも捨てておけば

すごく楽になるんだぜ?」




B部長流の断捨離レッスンが始まりました。



・チラシ

チラシがポストに山のように入ってることはまずない。

目を通してさっさと捨てる。




・手紙


その場でさっさと開ける。

大事な手紙もあれば、そうでない手紙もある。

そうでない手紙は個々の判断に任せる。






・DM


まず質問。

DMっている?

即答で「いる」っていう人は少ないはずだ。


クレジットカードのDMはカードの明細だけあればいい。

だから同封されているお知らせはさっさと捨てる。


キャンペーンのお知らせハガキは

その店をよく使うのなら取っておくけど

キャンペーンが終わったら即捨てる。



これを実行するだけで

DMの半分以上はなくなる。






・DMが多くて困っているなら


DMを止めてもらう方法もあります。

店に電話したり、サイトから連絡するなどの作業はありますが、

これをするだけで次回から捨てる手間が一つ省けます。






本当に本当に大事なお知らせっていうのは

どんな会社でも必ずお知らせがいくようになっています。

そういうお知らせまで止めてしまうと

今度は会社の信用問題にも関わってきます。

だから安心してDMは止めてください。




部長はさっさとDMを止めているそうです。

それでも次から次へとDMがくる

不思議ワールドがあるそうです。



それはおそらくご家族が…





部長:
「欲しいお知らせやチラシは写メしておくといいな。

それだけでさっさと捨てることができる。

だけど俺、写メしたことも忘れて

なんだ?この写真?と思うこともあるんだよなー

ってことは

大したお知らせじゃなかったんだよ」





f:id:yorokagura:20170610220440j:plain



今日、ポストに入っていたモノ全部です!

この中で大事なお知らせは2通だけでした。

あとは全捨てです。


どれだけ余計なものが多いかということです。




家族のDMに困っている部長のまとめ


f:id:yorokagura:20170610220442j:plain




なお:

「ぶちょーーー!!

これは大事な大事なお知らせです!!

ジャニーズのファンクラブに入っている人間にとって

とてもとても大事なお知らせなんですーーー!!!」






部長:
「なおさん、

ここ俺の大事なまとめの場だから!!

それより

ジャニーズのファンだったの?

知らなかったよ」








ポストから取り出したモノは
5分で「いる」「いらない」の判断をつけろ
DMが減るだけでもすごく楽だぞ

そしてそれは未来につながる

















にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ