読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

「そこまでしなくていいんだよ」と言ってくれる人の存在

ー肩の力が抜けました。今まであんなに辛かったのにー


ある人と会って、思い切り肩の力が抜けました。

おかげで目の前がすごく開けました。




その方に相談した内容はこちら。




・私はデザインのことがすごく苦手

・だから見栄えがパッとしない

・もっと綺麗に作りたい



そういったことを相談しました。




その方は言ってくれました。



「デザインなんて気にすることはない

みんなそうやって言うけど、

今の時期はデザインなんて気にする時期じゃないよ。

それよりも量産して」



おもわず

「ええ!そんなことでいいんですか?」

と聞き直してしまいました。


その方曰く

デザインばかり気にしてる人が多いけど

今は量産して感覚を掴むことの方が大事。

デザインはそれからでいいということでした。



f:id:yorokagura:20170426071848j:plain



ー妖怪デザインガーの存在ー


人前でなかったら泣くところでした。



いつも作っては第3者に見てもらっていましたが

「ここのデザインが悪い

ここを直して」

と、いつも言われていました。



その方はデザインがすごく得意な方です。

私は本当に苦手なんですが

それよりも最低限のレベルをクリアしていたら

そのままスルーでいいじゃないと思っていました。


そんなことよりも

もっともっと量産して慣れていくことの方が大事なんじゃないか?

と、いつも思っていました。


そう言うと

「だけど、ここのデザインガーーーー!!!」

って反論されるのはわかっているので

黙って聞いているだけでした。

おかげでストレスだけがたまり

デザイン論を言う人とは距離をおきました。





それでも苦手分野はなんとかしたいから

思い切って相談したら

「気にしなくていい」のひとこと。




これだけでどれだけ救われたことか。




ー「重し」を打ちくだくにはー


どんな業種でもどんな場面でも

「あれをやれ」

「これをやれ」と

やることだらけの生活です。



そしてその「やること」が

私たちの心を次第に圧迫していくんです。



そしてその圧迫されていることが

だんだん当たり前になってしまいます。





つらい。


本当につらい。


圧迫されているのが当たり前の生活なんて

息がつまります。

息が詰まるのは本当に嫌だけど

知らず知らずのうちにそんな生活を送ってしまってます。



「あれやらなきゃー」

「これやらなきゃー」


この言葉

1日に何回言っているのでしょう。


1回言うたびに

肩に一つ一つ重しが乗ってきます。


「あれやらなきゃ」

右の肩にズシンと重し。

「これやらなきゃ」

左の肩にズシンと重し。


一つ一つ

乗ってかってきます。




現代の人はそんな重しをずっしり抱えて生きています。




だから

「そんなことしなくていいんだよ」

と、言ってくれる人はすごく貴重です。



今回は、

私がつくづく思っていたことは

間違っていなかったんだと

気がつかせてくれました。


おかげで肩の重しがバラバラと落ちていきました。

目の前が開けてきました。


何より作業がぐっと早くなりました。


「デザインガーーーー」には

余計なことは言いません。

「そうですね、直します」とだけ言って

次に作業に入ります。

もう深く関わりたくありません。




当たり前ですが


私は私が思っていた感覚の方が大事です。

今やるべきことは量産することです。

立ち止まっているわけにはいきません。


スルースキルを身につける

いいチャンスかもしれません。



今回はとてもいい勉強をしました。




今回出会えたNさんのおかげです。

Nさん

ありがとうございました。