読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

さすがGackt! いい男は言うことも違う

ー日本人の欠点をGACKTが話すー


日曜日の夜にTVを見ていたらGACKTがゲストででていました。


そこでGACKTが話していて

私が「素晴らしい!」と思ったことを書きます。




日本人はNOと言われることを想定していない

マレーシアで年の半分を過ごすGackt。



彼が言うには

「これは国際社会で日本人に絶対必要なことだよ」

と話すことがありました。



それは

「日本人はNOと言われることを想定していない」ということ




Gacktがマレーシアのジムにいた時のこと。

あるトレーニングマシンの前で腕立て伏せをしている人がいた。

その人はあくまで腕立て伏せをしているだけで

そのマシンを使うわけではない。

そこへ、そのマシンを使いたい人がやってきて

「マシンを使わせてくれ」もしくは「どいてくれ」と言った。



びっくりしたのが

日本人ならここで「YES」と答えるが

マレーシアでは「NO」



さらにびっくりしたのが

「NO」と言われた人は

「OK」と言って他のマシンを使いに行ったということ。



これ日本人では考えられないでしょ。


だけどマレーシアではみんながみんなをリスペクトしている。



だからたとえマシンを使わなくても

彼がその場所で腕立て伏せをしているなら

腕立て伏せをしている彼のその場所を尊重しているんだよ。


この感覚、日本人にはないよね。



f:id:yorokagura:20170418230239j:plain




ーだから打たれ弱い人が多いのかー


なるほどーと関心しました。


日本でこのトレーニングジムのようなことをしたら

ブツブツ文句を言われます。


それは「どいてくれるのが当たり前」と

心のどこかで思ってるわけですよ。

「すみません」と謝って他の場所へ移動するのが

当たり前の文化になっているんです。

だから自然と

「お願いしたら聞いてくれる」

なんて思っているのでしょう。

譲り合いの精神ですね。


それが日本のいいところなんです。



しかし!!

国際社会ではそうとは限りません。


譲ってくれなくてイライラすることもあるでしょう。

そして

「これだから外国人は!」なんて思うことでしょう。



「NO」と言われることにも

慣れておいたほうがいいでしょう。



と言うより

「気が聞かないやつだ!」と相手を責めるより

「あいつはここが気に行って使っているんだ」と

認めてしまえば楽になりますね。




これは新しい発見でした。




ー「NO」に慣れていない日本人ー


言われてみたら「断られるのが怖い」とよく聞きます。

これは上の話に当てはめてみると

「NO」を想定していないからだとも考えられます。



断られる=自分を否定される

そんな気持ちにもなるでしょう。

その気持ちはすっごくわかります。



だけどその一方で

「NO」と言われることを想定していないから

断られるのが嫌だという気持ちにもつながるのでしょう。




そう思ったら

これからの人生、どれだけの「NO」をもらうといいでしょう。

「NO」からどれだけ見えるものがあるでしょう。


Gacktにはいいことを教えてもらいました。