いっそもっとメルカリ&ミニマリスト

もっとメルカリやってミニマリストになるブログ

メルカリやって確定申告して税金を取り戻した!

やっと確定申告の振込みがありましたー

3月15日に慌てて確定申告の書類を送りました。

まだかなー

まだかなーと首を長くして待っていました。



そして先週、とうとう確定申告の振込みがありました!!


メルカリやラクマ、アマゾン、楽天オークション

などで色々売り上げました。



経理が得意な友達に頼んで

必要経費などを計上してもらい

確定申告の書類を作ってもらいました。




そして戻ってきたきた税金は


9万円!!


ああ、嬉しい!

去年、頑張って売り上げたかいがあったというものです。





ーどうやってメルカリやりながら税金を取り戻したのか?ー

手順としては以下の通りです。


1・メルカリの売り上げを事業所得として計算しました。

2・売り上げはきっちり帳簿につけていました。

3・売り上げるまでにかかった経費も帳簿につけました。

4・メルカリのために行ったセミナー代・交通費・交際費なども

経費として計上しました。

5・メルカリをやるために読んだ本も経費として計算しました。

6・メルカリの売りあげから経費を引いたら赤字になりました。

7・その赤字を確定申告で報告しました!


それだけです。



これは税金の裏技を使っています。



税金の世界では

事業所得・不動産所得・山林所得・譲渡所得は

所得の金額の計算上損失が生じた場合に損益通算ができます。



今回はこの損益通算を使いました。




早い話が

「メルカリで色々売り上げたんだけど

そこに行き着くまでに色々経費を使って

結局は赤字経営でした。

だから税金安くして!」

というのが損益通算です。





注意!

この損益通算は、できる人とできない人がいます。



1・私は会社員で会社から「給与所得」をもらっています。

2・個人事業主の届けを税務署に出しています。



この個人事業主の届けが大事。

この届けを出すことでメルカリの売り上げが

「事業所得」となるのです。


そしてメルカリで売り上げを出すために

色々勉強したことを経費に当てることができます。


売り上げから経費を引くと赤字経営でした。


その赤字分を「給与所得」から引いてもらって

税金を安くしてもらうのが

損益通算という素晴らしい制度です。





f:id:yorokagura:20170417212448j:plain




この損益通算は税法上、ちゃんと認められている法律です。


まあ、強者ではこの損益通算を使って

税金をほとんどゼロにしている人もいるくらいです。

私はそこまでの度胸と根性がありません。

だから9万円を取り戻しただけでした。



しかし、この9万円は大きな9万円です。

この確定申告をしたおかげで

私の所得は本来の所得より少ない金額で税務署に通知されています。

その所得の金額は今度は市役所にいきます。

市役所では住民税というものを計算します。


今度は住民税が安くなるのです。

住民税は所得税より若干安くなりますが

少なく見積もっても8万以上は住民税が安くなります!!



ああ、なんということでしょう。


住宅ローン減税は所得税だけがもどってきました。

それはそれで嬉しいものです。


しかし損益通算は所得税だけでなく住民税にも影響してきます。




メルカリやって

家をすっきりさせるだけでなく

所得税を取り戻して

住民税も安くできたら

こんなに嬉しいことはありません。




ー税金の勉強は失敗なくお金を取り戻せる方法ー



税金っていうとどうしても難しく考えてしまいます。


私だって今だにそうです。

だけど、しっかり勉強して実践したら

リターンが大きいのも税金です。

しかも失敗がありません。


今、メルカリやAmazonやヤフオクで

しっかり稼いでいる会社員の方は

来年の確定申告で税金を取り戻すことをおすすめします。



1回やると病みつきですよー




おすすめ著書