いっそもっとメルカリ&ミニマリスト

もっとメルカリやってミニマリストになるブログ

その写真で売れますか?メルカリ・ラクマで売れない時の対処法

メルカリ・ラクマは写真が命!

メルカリ・ラクマで売れない時、

値段を下げる前に

もう一度見直してください。

自分が出品している写真を。



写真を変えるだけで

商品は売れます。


あなたのその写真、

もしかしたら「売れない写真」かも





ー何を出しているのか?わかりやすい写真を載せるー

客観的に見て

「わかりやすい写真ですか?」

「一目で何か?わかる写真ですか?」


当たり前ですが、

何を売っているかわからないと

売れるものも売れません。


全体像、部分像でやはり4枚写真を撮りましょう。

どうしても4枚撮れないモノでも

最低2枚の写真を撮って載せてください。


1枚目にこんなお茶を持ってくるより
f:id:yorokagura:20161016000321j:plain






こういったイメージとか
f:id:yorokagura:20161019222229j:plain




こういう箱入りの方が目を引きますよね。
f:id:yorokagura:20161016000319j:plain










ー背景はなるべく無地でー


商品の背景はなるべく無地で

できるだけ白か黒で撮ること。



白と黒、どちらが綺麗に写るか?がわからない時は

両方で写真を撮ってください。

画面で見た時、綺麗に写っている方を採用してください。


商品の色が白っぽいものや淡い色の時はバックは黒で。

商品の色が黒っぽいものや濃い色の時はバックは白で。

というのが基本です。


時々はバックを青やオレンジにしたり

季節感を出したりなどして遊び要素も取り入れました。


何色を使うにしても大事なことは

その色によって

商品の魅力が際立つこと!です。


f:id:yorokagura:20161106153951j:plain




ーお店の写真の撮り方を真似するー


着物の半襟を出品していた時のことです。

なかなか売れなくて

再度どうやって写真を撮影しよう?と悩みました。

その時に参考にしたのが「着物屋さん」です。


楽天の「着物やさん」関係のお店を見て回り

プロの人が撮影している半襟の写真を見て

同じように撮りました。





f:id:yorokagura:20161109223421j:plain


ー明るい場所で撮るー


明るい場所で写真を撮るのは基本中の基本です。


当たり前のことです。

そしてできるなら

昼間の太陽の光が入る場所で撮りましょう。

太陽光の下がいいということで

ベランダで撮っていたこともあります。


それが無理なら明るい窓際などで撮りましょう。

自然光はそれだけで素晴らしいハイライトです。



f:id:yorokagura:20161103224854j:plain



ーまとめ・最も大事なことはー

素人だし

プロの写真家じゃないから

そんなに綺麗に撮れない!



なんて甘えは捨ててください。


f:id:yorokagura:20161109222920j:plain




素人でも「綺麗に写真を撮ろう」という

気持ちをまず持ってください。


その気持ちは必ず伝わりますから。







合わせて読みたいこの記事。

写真でどれだけ損するか?

素敵写真はどんな写真か?

迷っている方はぜひ読んでください。



miniminimini.hatenablog.com