読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

季節を利用する・夏物衣料は冬に捨てるほうがいい

脱力な断捨離

以前、真夏の暑いなか冬物衣料を捨てた事がある。

 

ただでさえ熱いのに、セーターなんて見ていたら余計暑い。

 

そのせいか?ものすごい勢いで捨てた。

 

寒くなった頃、着るものがないことに気がついて

 

慌てて買いに行った事がある。

 

顔をかくす女性

 

 

その逆バージョンで、冬に夏物衣料を捨ててみる。

 

 

 

 

そうしたら、またまた効果があった。

 

 

秋に夏物を詰め込んだ時は、まだ未練があった。

 

来年も多分着るだろう

 

そう思って残した服ばかりだ。

 

 

 

何故だろう。

 

改めて見たら「来年も着たいと思わない」服が意外とある。

 

 

「これ着ない」

 

「これ着るのはもう嫌」

 

「うーん、来年は似合わないでしょ」

 

何を根拠に似合わないなのか...

 

でもそう思ってしまったからしょうがない。

 

 

そう思って抜き出した服が7着。

 

ピンクのハンガー

 

 

 

来年には来年着たい服があるんだから

 

余計な手間と時間をかけてまで

 

着ない服を保管するのはもうやめる。

 

 

って、今まで何回言ってきたことか...

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ言っても、それなりに服が好きなんだからあきらめよう。

 

衣替えをしなくてもいい生活に憧れる。

 

しかしそこそこ服が好きで、それなりの数を持っているのだから

 

 

衣替えをしなくてもいい生活なんてほど遠い!

 

 

それなら衣替えが楽な生活にシフトしたほうがよほどいい。

 

 

衣替えはする。

 

だけど短時間で終わる。

 

 

こんな生活をめざす。