メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

思い出は捨てなくてもいい、とことん取っておけ

f:id:yorokagura:20160710175610j:plain

思い出のものが捨てられない。

 

 

わかるわかる。

 

絶対使うわけないのに捨てる事ってできない。

 

見てるだけであの頃が蘇る。

 

見ていたってあの頃が戻ってくる訳ではないけれど

 

ノスタルジーに浸っていたい時もあるのよ。

 

 

 

多くの親が悩んでいるのは子ども関連のもの。

 

子どもの作品は捨てられない。

 

どうしたらいいの?と悩んでいる人は多い。

 

 

 

 

 

 

悩むなら

 

悩むなら

 

 

 

無理して捨てなくてもいいじゃない。

 

気が済むまでとことん取っておけばいい。

 

f:id:yorokagura:20160710175610j:plain

 

 

だって、それを捨ててしまったら二度と手に入らない。

 

そこに思い出がたくさんたくさん詰まっているのだ。

 

捨てるなんて心苦しい。

 

そう思うのなら、自分の気が済むまでとことんまで取っておいたらいい。

 

10年でも20年でもとことん取っておけばいい。

 

 

そんな私も学生時代の教科書やノートは20年取っておいた。

 

ノートの落書き一つにも思い出があって捨てることができなかった。

 

 

 

しかし、ある日突然その日はやってきた。

 

 

なんでこんなにノートを取ってあるの?

 

もう使わないよ。

 

 

それよりこんなノートを見られたら恥ずかしい!!!

 

 

見られて恥ずかしいものはさっさと捨てるべし!!

 

と、それまで大事に取っておいた教科書からノート

 

全てをゴミ袋に詰め込んだ。

 

「捨てて後悔」なんて一切ない。

 

それを機会に、色々な思い出関連のモノは少しずつ捨てて行った。

 

 

 

「これだけ保管したらもういいでしょ」

 

という気持ちになって、どんどん捨てた。

 

 

 

「思い出のモノが捨てられません」と言われたら

 

「とことん取っておいてください」と答える。

 

 

 

いつかは捨てる日がくるのだから。

 

その日までとことん取っておいたほうがいい。

 

 

 

ただし!!

 

 

その思い出のモノを見て嫌なことを思い出してしまうなら

 

さっさと捨てた方がいい。

 

そのほうが心の平和になるのだから。

 

 

 

 

 

思い出はプライスレス。