メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

一瞬で金運がアップする財布の習慣

佐藤伝さんシリーズ。

 

前回の魔法の習慣にも財布のことは書かれていた。

 

この本は、その財布に注目した著書。

 

 

 

やはりこれも簡単に読める1冊。

 

佐藤伝さんの文体に慣れたから更に読みやすくなっている。

 

 

佐藤伝さん「一瞬で金運がアップする財布の習慣」

 

 

一瞬で金運がアップする財布の習慣

 

 

 

1万円札を先頭にする

 

使いやすさから千円札を手前に入れることが多い。

 

必然的に千円札を使うことが多くなる。

 

金運アップのためには「1万円札が最も相性のいいお札」と

 

潜在意識をかきかえること。

 

それが財布のお札の入れ方次第で変わってくる。

 

 

財布の中に仕切りがあれば1万円札の部屋、

 

5千円千円の部屋を作ると更にいい。

 

 

確かに仕切りがあるけど、お札用とレシート用に分けていたわ。

 

レシートなんてすぐに取り出してしまうものだから

 

わざわざ分けておくこともないかな。

 

 

 

財布をホーリープレイス(聖なる場所)で休ませる

 

夜寝るとき、自分は布団のなか。

 

財布は鞄のなか。

 

それでは金運は上がらない。

 

財布もちゃんと休んでもらうこと。

 

財布にも人格があると考え、大事に扱うこと。

 

帰宅したら休ませて「ありがとうございました」と声をかけること。

 

 

これを読んでから鞄から出して布団代わりのタオルにくるんで休んでもらっている。

 

しかし、ここはホーリープレイスというにはまだ遠い。

 

財布が休まる場所を作らなければ!

 

 


 

 

 

お金そのものを大事にする

 

「1万円札を絵に描いてください」

 

そう言われてもなかなか書けない。

 

表と裏、どんなものが描かれているか?

 

細かく思い出せない。

 

これは「好き」と口では言っていても、心では拒否しているということ。

 

お金持ちの人は「お金そのもの」が大好き。

 

だからお金も大事に扱う。

 

お金持ちになりたかったら、お金にもっと愛情を持つこと。

 

 

 

家に金庫を置く

 

金庫を持つとどんなお金がどれだけあるのかがわかる。

 

だからお金の出入りにとても敏感になる。

 

大きな金庫でなくて良い。

 

ネットで手提げ金庫を探してもいい。

 

金庫を持つことで、お金に敏感になれそうだ。

 

 


 

 

ネット環境に投資する

 

なんだか財布というより、自分に投資しているようだが。

 

ネットで有意義な動画等を見なさいと言っている。

 

今、英語のリスニングをしているがこれは全てネットで聞いている。

 

わざわざ教材を買わなくても、You tubeに英語のリスニング練習になるものはいくらでもある。

 

それだけでも十分ネット環境には感謝している。

 

 

 

  

 

この本を読んで、まず財布を休ませる場所を早急に作ること!

 

手提げ金庫。

 

これは迷っているが、もっとモノを減らしてから考えてもいいかもしれない。