読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

そんな生優しい人生はない

読んだ本

短編集と長編小説、どちらが楽しく読めるだろう?

 

 

 

それはどちらも楽しい。

 

短編はテンポが早い。

 

だからスイスイと読んでいける。

 

話の展開がよめることもあり、安心して読めることもある。

 

 

息がとまるほど

 

 

 

唯川さんは展開が読める話もあれば、全く読めない話もある。

 

 

そしてなぜだろう。

 

この人の作品を一度読むと、気が済むまで何冊も読んでしまう。

 

3作品くらいは当たり前のように読んでしまう。

 

おそるべし唯川マジック。

 

 


  

これだけ一人の人の作品を読み込んでいると話の展開はなんとなくわかってくる。

 

以前読んだ小説のこんなバージョンだなと想像出来る。

 

想像できるだけに次が読みたい。

 

次の作品ではどんな狂気を見せてくれるのだろう?

 

 

そう思わせる作家だと思う。