読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

今週はリベンジ断捨離。「このタンスを動かしたいの」「えーーと...」

断捨離ねえさん、うちに来て

先週はお互い体調不良のため、断捨離はあきらめた。

 

今日は「お願い!午前から来て!」

 

「3階のこども部屋を片付けたいの」

 

「結婚した子どもから許可は取ってあるから」

 

 

久々に大物がでそうな予感。

 

 

 

しかし現実は甘くないという事を思い知らされた1日が始まるのだった。

 

 

 

相も変わらず足の踏み場のない部屋がそこにある。

 

断捨離する前に、マスクをして、開けられるだけの窓を全て開ける。

 

そして今日は扇風機も活躍した。

 

 

 

「全部捨てていい」と言うものの、いざとなって迷うのが人間。

 

「ちょっと待って」の一言が多くなる。

 

まあ、自分のモノじゃなくて子どものモノだから多少は迷うよね。

 

ゴミ袋もなかなかいっぱいにならなかった。

 

 

こんなんで大丈夫か?

 

心をよぎったのは言うまでもない。

 

 

途中、ベッドの布団を全部ベランダに干してしまうことにした。

 

そこで思いついた。

 

ベッドは邪魔だから折り畳んでしまえ!

 

そうしたら作業スペースが取れるのだ。

 

 

2人掛かりでベッドを畳む。

 

そうしたら恐ろしい一言が出た。

 

「このタンスをもう少し動かして、

 

あの棚をここに持ってきたい」

 

この状況で?

 

まだゴミ袋2つしか出てないんだけど?

 

まだ捨てなきゃいけない段ボールやらカゴは山積みだよ?

 

 

 

友達の頭はもうタンスを動かす事でいっぱいになってしまった。

 

ここはタンスを動かすために、モノをどかすしかない。

 

ああ!6畳間って狭い!

 

ベランダや廊下に出せるものはどんどん出した。

 

2人でタンスを動かす。いや、押して移動した。

 

幸いにして棚はキャスター付き。

 

ステンレス製の大きな棚は難なく動く。

 

タンスもキャスターが着いていたらいいのに

 

って、危ないわ!!

 

 

 

 

 

移動した後、友達にスイッチが入り直し

 

捨て作業がはかどったのはいい傾向だった。

 

段ボールはどんどん潰していった。

 

空のプラケースには、大物をどんどん詰めていった。

 

掃除機の紙フィルターがしっかりはまっていなかったため、

 

掃除機のフィルターを他の掃除機で掃除するというアクシデントが発生。

 

コンビニの500円くじの景品が山のように出てきて

 

いくらか分けてもらった。

 

猫のふとんをうっかり捨てて、あわてて取り戻す。

 

片付け本が出てきてレンタルさせてもらう。

 

 

 

そうして最終的に出てきたゴミ袋は5つ。

 

断捨離ねえさんとしては10個は作りたかったな。

 

 

しかし!

 

床が見えて、歩けるようになったのは大きな収穫だった!!

 

タンスを動かして良かったわ(笑)