読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

「スポーツや趣味で使っていたモノ」使う?捨てる?とっておく?

ー昔、めちゃめちゃはまってましたー 誰にも一つや二つ、あるでしょう。ものすごくはまっていたものが。 趣味であれ、スポーツであれ、はまりまくってそれに関連するものを次から次へと集めていた時があったでしょう。 そして仕事が忙しくて時間が取れなくな…

部屋別?モノ別?迷わなくていい、気になるところから片付けたらいい

ーこんまりのときめき祭りは終わらなかったー ときめき祭りは、人によって向き不向きがあります。 私は前半はとても向いてました!!しかし、後半は不向きでした! このやり方はできる人、できない人様々。 負け惜しみですが、やってみてわかったことがあり…

欲しいものを我慢しすぎるとリバウンドする

ー断捨離もダイエットと同じー あれもこれも食べたい!だけどダイエットだから我慢!その甲斐あってダイエット成功。ちょっと食べよう なんて言ってドカ食いしてしまって元の体重に戻る。 断捨離も同じ。 あれもこれも捨てよう。断捨離しているから、あれ欲…

これってどういう怪談?いつの間にかモノが増えている

ー増やしているつもりはないのにー 増やしているつもりはないのにいつの間にか増えているものなあに? お金!! とか 信頼関係!! だったらどれだけ嬉しいか。 ブログのアクセス!! 「いいね」の数 なんてのもありだわ。 しかし、現実は部屋のモノ財布のレ…

どうしても片付けが苦手!という人が最初に取り組むべき場所

ー私、片付けがすごく苦手なんです宣言ー 世の中には本当に片付けが苦手な人がいます。上手な人がいれば、下手な人もいるのが世の常。そもそも上手な人ばかりでは世の中は回っていきません。 本当に片付けたいの?どうしたいの?と思う人がいるんです。私の…

いつ捨てるのかは自分次第

ー捨て時っていつなの?ー 捨てるって究極の片付けです。一度捨ててしまえば、そのモノに悩まされることはありません。 だけど難しいのがモノの捨てどき これがわからないから皆悩むのです。食べ物みたいに賞味期限が書いてあるならわかりやすいのに。 まだ…

断捨離で人生変わるって本当ですか?

ー 自分探しをするなら・自分を見つめ直すのなら断捨離!ー たかが断捨離されど断捨離 どうして断捨離はここまでブームになって未だに廃れないのか? 今では「掃除」「片付け」の代名詞のように「断捨離」が使われています。 それは、究極の心理学の実践の場…

自分の体をゴミ箱にしない

ーキッチンの整理を大きく阻むモノの存在とは?ー 連休はどこに行っても人がいっぱいだから家で大掃除する!という人もいるでしょう。 まとまった休みがある時で連休は暑くなく寒くないので大掃除や整理するにはうってつけの時期です。 そんな時、家のどこか…

断捨離は人間関係にどんな効果があるのか?

ー連休は断捨離三昧ー GWの真っ只中ですね。こんなにまとまった連休は久しぶりです。こんな時はまとめて断捨離です。 今朝もメルカリに出品しておきました。 モノが減るってことはこんなに気持ち的に楽になるのかということを実感してしまうと、モノが多い頃…

この部屋が、仮に3畳だとしたら?と考える

ー今は何畳の広さの家に住んでいる?ー 昔は2DKの小さなアパートに住んでいました。 一人で暮らしていた時は1Kに住んでいました。1Kは6畳と言いつつも、実際の広さは5畳くらいしかありませんでした。そんな狭い部屋にごちゃごちゃとモノを置いて暮らし…

断捨離上手になると何が変わる?メリットは何?

ー断捨離で人生が変わるの?ー 断捨離を知った時は衝撃でした。 今まで「掃除の本」や「片付けの本」をなんども読んでいました。その時は片付けた気になるのですが(あくまでその気になるだけ)実際は全然片付けることができませんでした。 片付けたいと思い…

ストレスためながら、なぜ「片付けたい」と思うのだろう?

ーなぜ私は片付けたいのだろう?ー 「ああ、あそこ片付けなきゃ」「ここも片付けないと」「次の休みの日は片付けよう」いつもいつも思っていること。そして毎回こんなことを考えるのが嫌だから断捨離したり、ミニマリストに憧れるのです。 世の中のいわゆる…

だらしない人間はミニマリストになる前にやることがある

ーそもそも部屋が片付かない原因が違っていたー なぜ私はミニマリストになれない? こんなに憧れているのに。 捨て方が足りない 確かにそうです。ミニマリストは本当にモノを持っていません。ミニマリストの家の写真をみると私の家にはモノが多いです!まだ…

断捨離できない人には共通の口癖がある

友達と話をしていて気がついたことがありました。 Aさんうちはさ、誰も捨てる人がいないのよ。これいらないじゃないと思ってても「いる!」って言われちゃうの。旦那の部屋なんて色んなモノがあって、「捨てるモノなんかない」っていうの。片付ける人がいな…

全出しするなら全部出すな!1種類だけにしろ。体積は小さくしろ。

よく片付けの本を見ていると、○○の中のものを全部出す!というやり方が紹介されている。 これは決して悪い方法ではない。 お勧めしたいやり方の一つでもあるが、 絶対やるな!というやり方でもある。 この方法は収集がつかなくなるか、綺麗に片付くかの2つ…

「何枚あっても困らない」は嘘

タオルとかティッシュとかTシャツとか たくさん持っている人がよく言う言葉。 「どれだけあっても困らない」 いやいやいや 思い切り否定しよう。

使い切るなら期限を決めろ

捨てるのはもったいない。 だから使い切る! 私もそうだった。 今でもそんなところがある。 一気に捨てられないのだ。 捨ててしまえば早いのに なかなか踏ん切りがつかない。 その代わり、新しいモノを買い込まないように そして今あるモノを使い切る作戦に…

人に譲るならイベントを利用するとすんなりできる

捨てるのが苦手な人がいる。 というより、断捨離初期は捨てる事にとても抵抗があると思う。 今まで溜めに溜め込んできたのだから 今更それらを捨てろと言われるのは拷問に近い。 捨てたくない。 捨てるのは勿体ない。 だけど家中のモノは減らしたい。 この矛…

自分が出来ていないから、人に口出ししたくなる

「私は片付けてるのに家族が片付けない」 「こんなにやってるのに子ども部屋が酷い!」

「旅行に行く時便利だから」は禁句

試供品をもらうのが好きな人がいる。 かくいう私も昔は試供品が大好きだった。 試供品をもらうとお得な気分を味わえた。 化粧品等を買って、「試供品入れておきますね」と言われると とても嬉しかった。 試供品を見ては。「お得だわー」ってニコニコしていた…

カゴが空いたら捨てろ!

あれこれ捨てていると、どんどんモノを入れていたカゴや箱が出てくる。 「あ!カゴが空いた。 これに何入れよう?」 なんて思う事、数々ある。 このカゴには、こんなふうにおしゃれなものをいれよう。 なんて妄想することもある。 やめよう。 そんな妄想は.…

重曹マジックにかからない

シンプルライフを実践している方のブログを読んでいると 洗剤から、重曹・クエン酸・セスキソーダ等に切り替えている方が多い。 これでたくさんの洗剤を管理しなくてすむし、 単品で家中を掃除できる。

人の家のゴミなんて見ていない

断捨離を始めるとゴミがどんどん出てくる時がある。 それも大きなゴミ袋をいくつもいくつも。 それをだす時の爽快感といったら...

家族が手伝ってくれた時に、やってはいけないこと

私一人だけ「断捨離」に意欲を燃やしているけど 家族は冷めた目で見ている。 これは断捨離初期にはよくある話。

断捨離初期はとくに気をつけたいこと・家族は巻き込むな

よく耳にするのが 「私がこんなにがんばってるのに家族が協力してくれない!」 「どうやったら家族を巻き込めるだろう?」 その方法は... 叩かれるのを覚悟で言おう。

思い出は捨てなくてもいい、とことん取っておけ

思い出のものが捨てられない。 わかるわかる。 絶対使うわけないのに捨てる事ってできない。 見てるだけであの頃が蘇る。 見ていたってあの頃が戻ってくる訳ではないけれど ノスタルジーに浸っていたい時もあるのよ。

押し入れを片付けたい?その前にやることがある

リビングに続いて片付けたいところ 押し入れ 色んなものがぎっちり入っていて、これ以上何も入らない。 だけど収納特集を見ると押し入れをクローゼットにしてる。 素敵押し入れを見てしまったら、うちに押し入れも素敵押し入れにしたいの。

一番最初に片付けたいリビングは後回しにしろ

一番掃除したいところはどこ? 台所、洗面所、玄関、子ども部屋、リビング、クローゼット 色々出てくる。 一番に片付けたいリビング。

収納は敵!と思え

こうやって収納するとこんなに入る! 綺麗な収納術 などと、雑誌等で私たちを誘惑する。 いけない。 惑わされては。 どれだけ収納の本を読んだのだろう? どれだけカリスマ片付け師の収納の仕方をみて憧れただろう?

リサイクルするのは当分先のことだ

今まで色々断捨離してきた。 友達の家も断捨離している。 そのなかで「断捨離ができなくなる」 「片付けが嫌になる」などの パターンがいくつかあるのではないか?と思うようになった。 そのパターンを書いていく。

せっかくここが空いたから...やらないでほしいこと

捨てている間に、ポカッと空間ができることがある。 本当にポカッと。 ああ、捨ててきたんだなあ。 だからここに空間ができたのよ。 これはがんばってきたあなたの成果なの いい? だから だから だからこそね