読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリからミニマリスト

初心者向けメルカリストの日々の取引のこと

全出しするなら全部出すな!1種類だけにしろ。体積は小さくしろ。

よく片付けの本を見ていると、○○の中のものを全部出す!というやり方が紹介されている。 これは決して悪い方法ではない。 お勧めしたいやり方の一つでもあるが、 絶対やるな!というやり方でもある。 この方法は収集がつかなくなるか、綺麗に片付くかの2つ…

「何枚あっても困らない」は嘘

タオルとかティッシュとかTシャツとか たくさん持っている人がよく言う言葉。 「どれだけあっても困らない」 いやいやいや 思い切り否定しよう。

使い切るなら期限を決めろ

捨てるのはもったいない。 だから使い切る! 私もそうだった。 今でもそんなところがある。 一気に捨てられないのだ。 捨ててしまえば早いのに なかなか踏ん切りがつかない。 その代わり、新しいモノを買い込まないように そして今あるモノを使い切る作戦に…

人に譲るならイベントを利用するとすんなりできる

捨てるのが苦手な人がいる。 というより、断捨離初期は捨てる事にとても抵抗があると思う。 今まで溜めに溜め込んできたのだから 今更それらを捨てろと言われるのは拷問に近い。 捨てたくない。 捨てるのは勿体ない。 だけど家中のモノは減らしたい。 この矛…

自分が出来ていないから、人に口出ししたくなる

「私は片付けてるのに家族が片付けない」 「こんなにやってるのに子ども部屋が酷い!」

「旅行に行く時便利だから」は禁句

試供品をもらうのが好きな人がいる。 かくいう私も昔は試供品が大好きだった。 試供品をもらうとお得な気分を味わえた。 化粧品等を買って、「試供品入れておきますね」と言われると とても嬉しかった。 試供品を見ては。「お得だわー」ってニコニコしていた…

カゴが空いたら捨てろ!

あれこれ捨てていると、どんどんモノを入れていたカゴや箱が出てくる。 「あ!カゴが空いた。 これに何入れよう?」 なんて思う事、数々ある。 このカゴには、こんなふうにおしゃれなものをいれよう。 なんて妄想することもある。 やめよう。 そんな妄想は.…

重曹マジックにかからない

シンプルライフを実践している方のブログを読んでいると 洗剤から、重曹・クエン酸・セスキソーダ等に切り替えている方が多い。 これでたくさんの洗剤を管理しなくてすむし、 単品で家中を掃除できる。

人の家のゴミなんて見ていない

断捨離を始めるとゴミがどんどん出てくる時がある。 それも大きなゴミ袋をいくつもいくつも。 それをだす時の爽快感といったら...

家族が手伝ってくれた時に、やってはいけないこと

私一人だけ「断捨離」に意欲を燃やしているけど 家族は冷めた目で見ている。 これは断捨離初期にはよくある話。

断捨離初期はとくに気をつけたいこと・家族は巻き込むな

よく耳にするのが 「私がこんなにがんばってるのに家族が協力してくれない!」 「どうやったら家族を巻き込めるだろう?」 その方法は... 叩かれるのを覚悟で言おう。

思い出は捨てなくてもいい、とことん取っておけ

思い出のものが捨てられない。 わかるわかる。 絶対使うわけないのに捨てる事ってできない。 見てるだけであの頃が蘇る。 見ていたってあの頃が戻ってくる訳ではないけれど ノスタルジーに浸っていたい時もあるのよ。

押し入れを片付けたい?その前にやることがある

リビングに続いて片付けたいところ 押し入れ 色んなものがぎっちり入っていて、これ以上何も入らない。 だけど収納特集を見ると押し入れをクローゼットにしてる。 素敵押し入れを見てしまったら、うちに押し入れも素敵押し入れにしたいの。

一番最初に片付けたいリビングは後回しにしろ

一番掃除したいところはどこ? 台所、洗面所、玄関、子ども部屋、リビング、クローゼット 色々出てくる。 一番に片付けたいリビング。

収納は敵!と思え

こうやって収納するとこんなに入る! 綺麗な収納術 などと、雑誌等で私たちを誘惑する。 いけない。 惑わされては。 どれだけ収納の本を読んだのだろう? どれだけカリスマ片付け師の収納の仕方をみて憧れただろう?

リサイクルするのは当分先のことだ

今まで色々断捨離してきた。 友達の家も断捨離している。 そのなかで「断捨離ができなくなる」 「片付けが嫌になる」などの パターンがいくつかあるのではないか?と思うようになった。 そのパターンを書いていく。

せっかくここが空いたから...やらないでほしいこと

捨てている間に、ポカッと空間ができることがある。 本当にポカッと。 ああ、捨ててきたんだなあ。 だからここに空間ができたのよ。 これはがんばってきたあなたの成果なの いい? だから だから だからこそね