読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリやりながらミニマリストになる

初心者向けメルカリストがミニマリストになる

仕事で嫌われる人・自分が一番仕事ができると思っていて人に厳しい人

ーどんな人が嫌われるのか?ー


・自分が一番仕事できると勘違いしてる


・後輩に厳しいだけでなく、先輩や上司にも厳しい


・仕事が遅い人・できない人に威圧的な態度をとる


・相手を思いやる気持ちがない


・お客様に対して態度が悪い・客商売でこれはなし!


・できもしないくせに横から口を出す。しかし手伝わない


・面倒でいやなことは押し付けるくせして、いいとこ取りだけは一人前


・前のところはこうだったとばかり話していて
新しいところに馴染もうとしない


・挨拶ができない


・話すときに目を合わせない


・笑顔がない


・上から目線で話す


・周りとの調和を乱す




…なんだか


…仕事じゃなくても


普通のお付き合いも避けたいような…





ー仕事ができるのならあなたがそれをやってくださいー



先輩・後輩・同僚を問わず

自分が一番仕事ができると勘違いしている人は

手におえません。

正直言って鬱陶しいですね。



人が仕事を片付けているときに

「これはこうなるのか?」

「ここはこうなるんじゃないのか?」

と、いちいち煩い。



処理の仕方がわからなくて

あれこれ調べていると

横から口を出す。

じゃあ、代わりにやってくださいというと

「それはちょっと」と言って逃げる。



そして人の仕事の揚げ足ばかりとるのです。

自分に甘く人に厳しい人の典型。




本当に嫌な人です。

どうしてこんな人と仕事しないといけないの?

そんなことをずっと考えていると

こちらが参ってしまいます。



f:id:yorokagura:20170408232236j:plain






思わず言ってしまいました。


「私ではコールセンターにかけっぱなしで

仕事がはかどらないし

あなたの満足のいく作業ができません。



ですから


お願いします。」


そう言ってお昼の休憩に入ってしまった卑怯な私です。


言い逃げです。



文句があるなら自分がやればいいんです!!





断捨離できない人には共通の口癖がある

友達と話をしていて気がついたことがありました。



Aさん

うちはさ、誰も捨てる人がいないのよ。

これいらないじゃないと思ってても「いる!」って言われちゃうの。

旦那の部屋なんて色んなモノがあって、

「捨てるモノなんかない」っていうの。

片付ける人がいないからうちは片付かないわ




Bさん

旦那と子どものものでリビングはあふれているんだって。

旦那も子どもも片付けないし捨てないもん。





この二人に共通しているなあと思ったのは、

自分のモノには一切ふれないんです。

あくまで旦那や子どものモノばかり。



自分がどれだけモノを持っているかにはふれません。



それどころか

「私には捨てるものはない。

全部大事なものだから」と言います。



私も断捨離を始める前は人のモノが

気になって仕方なかったからよくわかります。




「旦那のモノがなくなればうちは片付く」

「旦那のモノさえなくなれば広くなるのに」

なんて思っていました。



果たして本当にそうでしょうか?




f:id:yorokagura:20170407221436j:plain




やましたひでこさんの「断捨離」を読んで、

まず自分のモノではなく旦那のジャンク品から手をつけた過去あり(笑)

そのジャンク品がなくなったら、その後はとにかく自分のモノ。


旦那のモノはポイポイ捨てられるのに

自分のモノは捨てられませんでした(遠い目)




それでもモノを通して自分と向き合うことが

どういうことかがなんとなくわかってきてからは、

旦那のモノにほとんど手をつける事はありませんでした。




「どうしてこれをとっておいたのか?」

「これを見るとどんな気持ちになるのか?」

「そもそもこれってこんなに必要?」

こうやって1問1問、自分に問いかけていきます。


これは人のものだったら問いかけはできません。

問いかけても答えは出てきません。





「断捨離」に書かれているとおり、

「家族のモノが多いと思っていたら

実は自分のモノのほうが多かった」

ということはよくあることです。



人のこと言う前にまず自分。

人のモノが気になるということは

自分ができていないのです。


自分ができていない負い目を感じるあまり

人に目を向けてしまうのです。





リビングがぐちゃっとして気になるのはわかりますが

自分のバッグの中、

化粧ケースの中など

自分のテリトリーから始めましょう。






転勤4日目。お菓子の箱がいつの間にか捨てられていた!!

「あーあの箱、文具を入れるのにちょうどいいのよ。

みんながお菓子を食べ終わったらあの箱もらおう」


その箱は私が挨拶に持ってきたお菓子の箱。

今週の4月3日に持ってきたもの。

お菓子も半分以上残っていました。

だから来週あたりに箱をもらうつもりでいました。




今日の朝、出勤したら…


箱、捨てられていました!!


ええー

ええーー!!

まだお菓子残っていたけど!


もうその箱捨てるの???


お菓子は捨てられずに

他の箱に入っていました。


今までどこの部署に行っても転勤の挨拶のお菓子や箱は

1週間以上残っていました。

中にはお菓子が一つだけ残っていて

箱がいつまでも残っているということもありました。

だから、すっかりその感覚でいました。



まさか1週間たっていないというのに

もう捨てられるとは思ってもいませんでした。



あ!

箱は回収してきました。

机の中の文房具をひとまとめにするのに

ちょうどいい大きさでしたので…




f:id:yorokagura:20170406211013j:plain





今日の夕方

「疲れたよー」と上司が言っていました。

話を聞いてみると

廃品回収のために部署の段ボールやカタログなど

あれこれ出したということでした。




嘘…



4月のこの週で既にまとめていたということ?

そしてそれを廃品回収に出してしまったということ?




あの…

どこの部署も段ボールもカタログもたくさん廃棄処分として

いっぱい置いてありますが…


まだ廃品回収に出しているところがどこにもありませんが…





私もよく廃品回収に出すためにまとめていましたが

なかなか4月中に出せなくて

落ち着いてきた5月や6月に

ようやく出していたというのが実情です。





これはいい!





今まで私がよくまとめていました。

廃品回収には男性の手を借りていました。


いつもいつも

「捨てなきゃー」

「あそこ片付けたい〜」

なんてことを考えていました。


今回の部署は私がやらなくても

それを率先してやってくれる人がいます!




段ボールやカタログなどの大きなものは

上司に任せることにします。




私は引き出しの中やキャビネットの中などの

小さな箇所に手をつけることにします。



いいところに配属になったものだわ。






f:id:yorokagura:20170406224756j:plain







転勤3日目。アルバイトの子が驚く綺麗さ

今回、私が転勤してきた部署は

いろいろな問題を非常に抱えている部署なのですが

「めちゃめちゃ綺麗」ということでも有名なところです。



私も転勤初日、どんよりとした空気を感じたものの

あちこちがとても綺麗なので

すぐに環境に慣れてしまいました。


何より綺麗に片付いているので

気分がとても上がります。

余計なものがものすごく少ない!!



今までは

「あれ片付けなきゃ」

「これ捨てなきゃ」

と、いつも頭の片隅で考えていました。



それが毎日のことなので

ものすごいストレスとなっているということが

今ならわかります。




だって今はそんなストレスが半減してますから!!




綺麗になっているから

どんどん綺麗にしていこうという気持ちが

どんどん湧いてきます。


f:id:yorokagura:20170405212924j:plain




今日、アルバイトの子がやってきました。

その子とは以前一緒に働いたことがあるため、

「久しぶり!」と話していました。

その子が言いました。



「噂に聞いていたけど

本当に綺麗ですね。

○○とは大違いだ」


でしょでしょ、綺麗でしょ。

部屋自体は小さいけど、広々としているんですよ。



「片付けなきゃー」というストレスがないって

なんて気持ちいいんだろう。


なんて言いながらも

「あそこのここは気になる」

「ここはもうちょっとなんとかしよう」

と思うところはあります。



もう少し慣れてきたらどんどん改革していきますよー


こんなに綺麗な部署でも捨てたいものは

いっぱいあります。



目標はミニマムな部署です!



ちなみに今日は天気が良かったこともあり

1日中換気をしていました。

気持ち良かったわ〜




f:id:yorokagura:20170405214042j:plain

転勤2日目。なんと上司がすでに換気していた!!

転勤2日目の今日。

昨日やり残した仕事を片付けるため

早めに出勤しました。



年度始めで転勤1日目はどうしても要領が悪くなります。

おまけに普段来ないようなお客様も

いっぱいいらっしゃいます。


本当に疲れた1日でした。




そんなドタバタが始まる前

転勤初日の私の言葉は

「換気しましょう」でした。




miniminimini.hatenablog.com




換気って全ての始まりですね。

まず窓を開ける。

たったそれだけのことです。


新しい空気が入ってくるだけで

気持ちが違ってきます。






今日の朝、出勤したら


なんと私より先に上司が窓を開けて換気していました!!


なんていうことでしょう。



仕事に入る前に換気だ!と意気込んでいたら

先に換気してありました。


これは嬉しい誤算。


換気すると気持ちがいいということに気がついたのでしょうか?



本当にたった10分でもいいから換気する。


風がスーーーッと通るだけです。


その通るだけでどれだけ気持ちが癒されるのか。


どれだけ気持ち良くなれるのか。





何をやっていいのかわからなくなるときほど

空気がどんよりしているときほど

落ち込んでいるときほど



ちょっと窓を開けてみてください。

そして反対側の窓も少し開けてみてください。

風が通り過ぎますよ。



何にもできない時こそ

空気入れ替えましょ♪




今の季節、

冷たい風が通り過ぎるのを

体感すると病みつきになります。


っていうか

病みつきになっています。



f:id:yorokagura:20170404214757j:plain

転勤1日目は換気から始まり掃除に終わる

今日から年度始め。

そして転勤です。


転勤して、初めての仕事はこれ!と決めていました。


換気です。


先週、挨拶に行った時に何かどんよりとしたものを感じました。

いるだけで息が詰まるっていうか。

苦しいというか。


もう、これは換気から始めるしかない!

そう思いました。



f:id:yorokagura:20170403215547j:plain



今日の朝、行ってみても何かどんよりとしています。

挨拶もそこそこに

窓を開けるだけ開けてきました。



うーーん、

やっぱり新しい空気が入ってくると気持ちいい。

これだよこれ!

私が欲しいのは新鮮な空気。

これだけでもきもちが違ってくるってものです。



今回の転勤先の唯一のいいところは

綺麗に片付いているところ!

上司が綺麗好きで整理整頓好きなため、

狭い空間なだけど広々としています。


気がつくとさっさと整理しているような人です。


やっぱり一度に片付けようというのは無理で

ちょっとしたことでどんどん片付ける癖をつけておくのが

広々空間をつくるコツなんですね。



本当はもう少し動線を気にして欲しいのですが。


それは様子を見ながらやっていくことにします。




机の引き出しも、前任者の私物を一箇所にまとめました。

あまりにごちゃごちゃしていた引き出しでしたが、

中身を全部出して前任者の私物と

どうでもいいようなゴミと分けて

スカスカな引き出しにしました。



ごちゃごちゃ引き出しは嫌いです。

この引き出しは私のテリトリーのようなものです。

思う存分、空間を楽しみます。



ああ、この転勤先をどうやって片付けていこう?

もっともっと片付けて

ミニマムな仕事場にするのが私の夢です。





まずは使いにくい

あちこちの引き出しから取り掛かります。





f:id:yorokagura:20170403221625j:plain

ミニマリストになるため、メルカリでどんどん売ってるのに終わらない不思議

ー捨てたり売ったりの繰り返しー

ミニマリストになる!

と、決意して捨てるものもあれば売るものもあります。


間違えて捨ててしまって取引ができなくなる!

なんてことがないように

メルカリに出す商品はひとまとめにしています。


だけど、取引が進んでくるとどんどんごちゃごちゃになります。



f:id:yorokagura:20170401195942j:plain


なんてこった!

今、私は何をやっているというのか?

まさに

掃除してるのか

散らかしているのか

わからない状態。



そして、今この状態で少し不便な思いをしているのも事実。



だから

商品だけでなく

梱包するモノも断捨離しました。



クッション材も手元にないと困ると思っていましたが

後から後から梱包材は手に入ります。

足りないどころか

どんどんためていたら使い切れないほどになりました。


やっぱりモノって流れてくるんですよ。


そこで流れを止めてしまってはいけない。

使い切れないほどの梱包材も捨てることにします。



なんども再出品しても売れないものも

一緒に断捨離します。


今、売るものがどれだけあるのか?

梱包材はどれだけ持っているのか?

それをわかりやすくするために

あれこれと断捨離しました。







ーメルカリ出品しやすくなって満足ー

あーすっきりした。



通販でもらった衝撃を吸収するクッション材がいっぱいあって

どうしても使い切れないし

これがものすごく場所を取っていました。



「これ、メルカリで使える」

なんて言って取っておいたのが

そもそもの間違いでした。



なかなか売れない物があって

「売れるまでがんばらなきゃ」と思っていました。


だけど、そんな努力も疲れてきます。

どこかで見切りをつけて

さっさと手放すことも必要です。



だけど、これで

「今売りたいものはどれだけあるのか?」

わかるようになりました。




f:id:yorokagura:20170401200602j:plain




しかし、売っても売っても

ここのスペースが空くことがありません。

どんどん売りたいものが出てくるんです。

本当に不思議です。

いつになったら終わるのか?



ミニマリストになるまで

永遠の謎でしょう。



こんな部屋にするために!

今日もメルカリ出品しています。



miniminimini.hatenablog.com



miniminimini.hatenablog.com




f:id:yorokagura:20170401224656j:plain